FC2ブログ

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

美術館

昨日、初めて県立美術館に行って参りました。
ウィーン美術史美術館所蔵「静物画の秘密展」というものです。

入る前からL萌え。
ウィーン美術史美術館
 ↓
クリムトが美術館を装飾
 ↓
クリムトといえば金色
 ↓
金色がイメージカラーといえば
 ↓
L!!

と、全く明後日な方向の萌えでした。

静物画をじっくり見たのは久しぶりです。
博物学的関心の高まりが影響を与えたそうで、花や果物がとてもリアルでした。
半世紀前に描いたとは思えない程今もみずみずしさを放っていました。

トロンプルイユ(だまし絵)的な絵もあって、
壁に本当に狩猟道具がかかっているかのように、
実物大(なのだろう)で描いてあるものでした。
こういう絵を飾って、客人を驚かせたり自分が満足したりするのだろうなー。

…はっ。
じっ実物大のえるたんを描いて部屋に貼ったらどう!?
179センチのえるたん。
あはーどうしようvv
いっそのこと、彫刻でも彫ったらどうかな!!?

なんて。
ニタニタ妄想しながら鑑賞してました。


印象に残った一つに、ある花の絵があり、
生けられているそれぞれの花があることを象徴してあるものでした。
その中で
シャクヤク→「神への熱狂」 とあり、
てっ、照…!と悶えました。
隣にリアルデスノ友達がいたらなあ…と心底思いました。


続きはこの展覧会の目玉、ベラスケス作品のだらだら感想です。
デスノ無関係なのでたたんでおきます☆

≫ Read More

スポンサーサイト



| つれづれ | 16:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月