PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

月好きな方、見ないで下ちい

前回のコラに拍手をありがとうございました。



*********

GANTZ  見てきました。

原作を全く知らず、映画も前後編と続き物らしいので、見るのを迷っていたのですが、
息子と新幹線の映画を見に行ったときに、飾ってあった松ケンの超でかいタペストリーが
とっても格好良かったので、見たくなっちゃったのでした。


以下、相変わらずのネタと感想少々。


gantz-1.jpg


gantz-2.jpg






「てめえ」にちょっと抵抗が。
不快に思われたらすみません…。

*********
感想。。。

松ケンって、もっさい格好でもどうしてかっこいいんだろうw
私も彼とちっこい炬燵でご飯を食べたいです。

闘いの途中、松ケンが剣みたいなのを振り回しているところにドキンです。
早く、松ケン清盛が見たいよー!


お話は、、、あちこちで書かれていますが、年齢制限もっと厳しくてもいいんじゃないでしょうか><
原作はもっとグロくてさらにエロいらしいのですが…。(青年誌連載ですものね)
スプラッタ系が苦手な人はきっついかなあ、と思います。
夜の闘いともあり、画面の彩度は抑えられていて、血しぶきとかその他諸々は控えめな表現だったかも知れませんが、私も、途中から目の焦点合わせていませんでした。ははっ。
(ウルミラの最後だって、辛かったんですよ)


加藤(松ケン)さんが弱かったなんて考えられないのですけど。。。
優しいんじゃないかな、、それって強いことなんじゃないかな。
人を助けるために線路に飛び降りたり、
裸の女性に服を掛けてあげたり。
強さって単なる力だけじゃない。


あと、本当にこんなこと言っても仕方ないのですけど、
仏様が粉々に砕け散っていく様は、胸が痛かったです。
観音様との闘いも見所なのでしょうけど、、、、
「あああ~、あれってみんな国宝や重文なのでは!?ぎゃーっ!博物館が倒壊!!!日本の宝がっ」と、あわあわしていました。。。


ともかく、まだまだ謎な点も多いので後編も見ようと思います。



| つれづれ(絵つき) | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://elulun.blog74.fc2.com/tb.php/535-d8756f13

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。